やれるアプリで奇跡の玉の輿(実体験です)

私は現在30歳で既婚者です。
子供もいて幸せです。
今の旦那が私の体験談に繋がります。
たぶんですが私の例は極めて珍しいパターンだと思われます。
当時私が23だった時です。
当時、彼氏も入れ替わりで正直セックスを都合の良いときにしている感覚でした。
そんな時期ってたぶん皆さんありまうよね?私はHの経験人数もそれなりに多くて、いわゆる遊んでる方だったと思います。
そんな時にふと思い付きでセフレを作ってみたいと言う感覚に襲われました。
全く知らない、インターネットが無いと絶対に出会うはずのない相手と出会いセックスをするゲーム感覚のワクワク感に興味が出てしまい、ドキドキ半分、怖さ半分でサイトに登録して投稿しました。
ちょっと顔をかくして胸をアピールした写真で連絡を待ってるとびっくりするぐらい連絡がきました。
正直怖かったです。
内容も援助交際やAVの誘いから自慰行為を見てほしいなど様々でした。
最初はきっちり写真のある男性で、好みの年上の男性と2人ぐらい交代で会ってはHをしてました。
とても簡単に出会えて利害もHで一致してるので正直簡単でびっくりでした。
そして今度は絶対に選ばないタイプの男性とHがしてみたいと思いメールを見ました。
同い年(当時24才)で童貞。
顔もあまり冴えない感じの男性から『童貞を風俗で捨てたくない。
せめて素人で経験したい。
お金は払わないけど好きな食事ならなんでもおごります』とストレートな内容の誘いがありました。
ストレート過ぎたので興味も出て、筆卸に協力してやると遊び感覚で連絡して出会いました。
実物の方がまだよかったですが冴えない感じでした(笑)Hもほんとに初めて感が伝わりガチガチでした(笑)。
でもなぜかまっすぐで嘘の付けない態度などが今までの男性と違いHも上手ではないのに感じてしまう私がいました。
その後は何度も食事もHもしました。
そんなカレが初めて好きです。
真剣に付き合ってくださいませんかと言ってくれました。
正直断る理由がなかったのかもしれません。
即答でハイと答えた自分がビックリでしたし、その時点でカレの真っすぐさに惚れてたのかもしれません。
その日に初めてカレの家に行きました、、、まさかのマンションの24階屋上!初めてカレが言ってくれました、このビル自体が(家の)持ち物なの。
土地主の孫でした。
この事実を私は付き合うことになった後で知ったので今があると思ってます。